平成31年1月15日 平成進化論 5600号

2019.1.16

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成31年1月15日 平成進化論 5600号

【 「次の扉」が開かれる人がごくわずかである理由 】

 株式会社ことば未来研究所 代表取締役所長
 有限会社セカンドステージ 代表 鮒谷周史(ふなたにしゅうじ)
 http://www.2nd-stage.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

を読んでの感想

 

仕事の基本はもらった金額以上の価値を提供できるか否かにある。

相手の期待値を上回る価値を提供し続ける事が出来れば、持続的に仕事が得られ、次に繋がっていく。

お金は降ってきたり、沸いてきたりするものではなく、誰もがそれなりに痛みを伴って支払うもの。

そのお金を頂戴するのだから、期待通りではその他大勢と同じになってしまい次に繋がらない。

常に期待以上の価値を提供できるよう自分にプレッシャーをかけ、価値を提供する事によって人間は成長し、より良い仕事に繋がる。

価値提供という義務を果たさずに、権利を要求しても先細りする人生が待っているのは、言うまでもないことだろう。

 

本日のランニング 3日目  2.32km

慈しみの瞑想 160日目

超視力回復  67日目

易経音読 26日目

般若心経音読 26日目

体幹レーニング 3日目