平成30年8月18日 平成進化論 5453号

2018.8.19

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成30年8月18日 平成進化論 5453号

【 気づく力、洞察力の差が1対100、1対1000の差をもたらす 】

 株式会社ことば未来研究所 代表取締役所長
 有限会社セカンドステージ 代表 鮒谷周史(ふなたにしゅうじ)
 http://www.2nd-stage.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

を読んでの感想

 

世の中には一を聞いて百を知る人と、一しか学べない人がいる。

それが気づきの力であり、この力が高まると波及効果の高い気づきを継続的に得られるようになる。

そもそもの気づき自体に百倍もの差があるのに、そこから得られるものにも大きな差があれば日々の暮らしで生まれる。

この差が生まれるのは目標の有無であって、目標を失わなければ達成する為に必要な様々な事に気づけるだろう。

その気づきが日々の人生を良い方向に導くのだろう。

 

本日のランニング 1327日目 12.01km

易経音読 78日目

慈しみの瞑想 11日目

般若心経音読 11日目

体幹トレーニング 7日目