平成30年7月13日 平成進化論 5416号

2018.7.14

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成30年7月13日 平成進化論 5416号

■いい加減、「知識偏重、暗記主体」の人生からの脱却を

 株式会社ことば未来研究所 代表取締役所長
 有限会社セカンドステージ 代表 鮒谷周史(ふなたにしゅうじ)
 http://www.2nd-stage.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

を読んでの感想

 

人生は時間で構成されていて、残された人生のうち今日が一番若い日である。どれだけ過去を顧みて、嘆いて、後悔しても何も変わらない。

過去のネガティブな事を引きずれば、今やるべき事が先送りになるだけなので、過去は引きずらず失敗を今後に活かす事が大事だろう。

その上で、これからの時間をどの様に投資するか戦略を練り、実際に行動する為の仕組みを作る。ここまでして初めて成果が上がるようになるだろう。

最も大事な事は、知識のインストールでは無く、入れた知識を使って実践出来る(成果を出せる)ということに他ならない。

 

本日のランニング 1291日目 2.05km

易経音読 43日目

般若心経音読 34日目

体幹トレーニング 1日目

慈しみの瞑想 1日目