平成30年7月12日 平成進化論 5415号

2018.7.13

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成30年7月12日 平成進化論 5415号

■「真面目に一度きり」よりも「テキトーに何度でも」がいい理由

 株式会社ことば未来研究所 代表取締役所長
 有限会社セカンドステージ 代表 鮒谷周史(ふなたにしゅうじ)
 http://www.2nd-stage.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

を読んでの感想

 

どんなに良い話でも一度聞いて人生が変わるほどの効果をもたらすことは少なく、何度も聞いて自分の中に刷り込み、実践を続ける事でやっと少しずつ良い習慣や思考が身に付いていくもの。

大事なのは一度きりでは無く、何度も行う(取り組む)こと。

一度だけ聞いて大きな気づきを得るよりも、何度も聞いてその都度少しずつ気づきを得る方が成長度合いは高いだろう。

人生でブレイクスルーを起こすには、大量のインプットを続けて閾値を超える必要がある。その為にも何度も繰り返し話を聞く必要があるだろう。

 

本日のランニング 1290日目 2.06km

易経音読 42日目

般若心経音読 33日目

体幹トレーニング 日目

慈しみの瞑想 日目