平成30年1月14日 平成進化論 5237号

2018.1.15
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

平成30年1月14日 平成進化論 5237号

■「伝える力」は体験を増やすことによって強化可能な能力

 株式会社ことば未来研究所 代表取締役所長
 有限会社セカンドステージ 代表 鮒谷周史(ふなたにしゅうじ)
 http://www.2nd-stage.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

を読んでの感想

伝える力を向上させるためには、自分の経験もしくはインプットを増やす必要がある。経験・知識が増えることで用いる事が出来る比喩を増やすことができるから。実体験がベストだが、擬似的な体験(人な話を聞いたり、本を読んだり)でも、伝える力は強化される。
概念や論理はそのままでは相手に咀嚼してもらうのに時間を要するが、五感で想像することが出来る比喩は身体的感覚を伴うので理解しやすい。理解しやすい比喩を生み出すためには、自分自身が多くの事を経験していなければならないだろう。
これが出来るようになれば、他人の意識を動かすだけでなく、自分の内にやる気を灯すことも出来るようになるだろう。

本日のランニング 1111日目 2.07km