平成29年11月7日 平成進化論 5169

2017.11.8

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成29年11月7日 平成進化論 5169号

■(あと7時間)お客さまの「お金がない」の言葉は信用すべからず

 株式会社ことば未来研究所 代表取締役所長
 有限会社セカンドステージ 代表 鮒谷周史(ふなたにしゅうじ)
 http://www.2nd-stage.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
を読んでの感想

お客様が仰られる「お金がない」という発言の真意は「それにお金をかけるほど価値を感じない」という事では無いだろうか。
生活必需品や数多の嗜好品と比べた時に、自分・自社が出している商品・サービスにお金を払う優先順位が低いという事。
お客様のニーズ・要望が既に顕在化している場合に、顕在化したニーズ・要望だけを解消するのでは、数多の商品との競い合いになってしまい、大変な戦いを強いられる。
そうならないためには売っている側が、お客様の潜在的なニーズを掘り起こし、そのニーズを解消するために自社商品が役立つ事を説明できるスキルを持ち、お客様が買わずには居られなくなる(購買の優先順位を上げる)まで感情を持ち上げて差し上げる。
そこまでして初めて売り上げが上がるのではないだろうか。

このようにして、潜在的なニーズを掘り起こし、正しい価値提供を続けていれば、その価値に気付いたお客様から順番に購入してもらえるようになり、「売らなくても売れていく」という状態が出来上がるだろう。

本日のランニング 1043日目  6.15km