平成29年10月19日 平成進化論 5150号

2017.10.20

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成29年10月19日 平成進化論 5150号

■営業の極意は小学生時代「道徳の時間」に学んだ(はず)

 株式会社ことば未来研究所 代表取締役所長
 有限会社セカンドステージ 代表 鮒谷周史(ふなたにしゅうじ)
 http://www.2nd-stage.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
を読んでの感想

相手に好かれずして、好意的な反応をもらう事は出来ない。
良いものを作っていても「嫌いだから買わない」という事が往々にしてあるだろう。
万人から好かれるのは無理だとしても、可能な限りそれに近づけるような努力はすべきだろう。
それにより、多少なりとも好意を抱いてくれた人からプラスの反応が返ってくるのだから。
とはいえ、上記のように相手に良く思われるために丁寧なプロセスを経る事なく、迷惑も省みず自社の商品やサービスについて買って欲しい、買ってくれと言ってくる人でさえ、アピールは最大限にしている。
世の中に真の価値提供をしたいと考えている企業は、そうした輩に負けないように、但し他人に迷惑はかけないように商品やサービスの良さを一緒懸命アピールする事も大事だろう。

本日のランニング  1024日目