平成29年9月14日 平成進化論 5115号

2017.9.15

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成29年9月14日 平成進化論 5115号

■成果を出し続ける体質を持つ人だけが知っている3つのこと

 株式会社ことば未来研究所 代表取締役所長
 有限会社セカンドステージ 代表 鮒谷周史(ふなたにしゅうじ)
 http://www.2nd-stage.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

を読んでの感想


自分の行動が自分の運命を決めている。

にも関わらず、その行動は自分が決めたルールに縛られているが、そのルールは良い方にも悪い方にも導く。

そのため、

1、より大きな成果をもたらしてくれるであろうルールを、外の世界に探しに行く
2、既存のルールと、新しく見つけてきたルールを競わせる(トーナメント方式)
3、勝利を収めたルールを定着させるべく、幾度も反復、反芻する

という取り組みを意識して反復継続する事で【期待する成果を出し続けられる体質】になることが出来るだろう。


この事は言われたらわかるが、意識的に行なっているひとは殆どいない。

なぜなら言語化し、理解している人が少ないから。

人は言語化しなければ、意識的に取り組む事は出来ない。

意識的に取り組まなければ、反復継続も出来ず、行動の定着に至らない。

つまり、学びと復習はワンセットになっているという事である。


本日のランニング  989日目  7.51km