平成29年8月17日 平成進化論 5087号

2017.8.18

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成29年8月17日 平成進化論 5087号

■「発信するほどに血が濃くなっていく」現象についての一考察

 株式会社ことば未来研究所 代表取締役所長
 有限会社セカンドステージ 代表 鮒谷周史(ふなたにしゅうじ)
 http://www.2nd-stage.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

を読んでの感想


情報発信を続ける者は嫌が応にも自分がその輪の中心になってしまう。

引力・斥力の関係で徐々に人の入れ替えが起こり、自分にとって居心地の良い状況が出来上がってくるのが一般的だ。

とはいえそこで、お山の大将になってはいけない。

なぜなら、

1、成長の機会が失われるから(少なくとも減少するから)

2、許容の幅が広がらないから(狭量になる=器が大きくならないから)

というの2つの理由があるから。


その為には定期的に非日常であるアウェイの地に出て行き、コミュニケーションの齟齬を体感するなどの行為をし、自分を律するのが良いのではないだろうか。


本日のランニング  961日目   2.12km