平成29年7月25日 平成進化論 5063号

2017.7.26

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成29年7月25日 平成進化論 5063号

【購買についての概念変更】
買わされることが分かっているのに見てしまうTV番組・入ってしまうお店

 株式会社ことば未来研究所 代表取締役所長
 有限会社セカンドステージ 代表 鮒谷周史(ふなたにしゅうじ)
 http://www.2nd-stage.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

を読んでの感想


消費行動にエンターテイメント性と教育性をもたらす。


ジャパネット高田やドンキホーテビレッジバンガードなど見てるだけで買いたくなってしまう、もしくは買う気が無かったのに買ってしまったという人は一定数いると思う。

それは商品そのものの価値によるところと、前述の企業が購買行為そのものにエンターテイメント性をもたらせ事に依るところが大きいだろう。

そもそも購買行為=消費だったはずが、同社は意識的な取り組みにより購買行為=エンターテイメントという新たな概念を消費者に与えたのである。

あなたは自分の仕事に於いて、お客様の概念を変えるような取り組みが行えているだろうか。

そういう観点で仕事に望む事も成功するための要素の一つだろう。



本日のランニング  939日目  7.03km