平成29年6月27日 平成進化論 5036号

2017.6.28

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成29年6月27日 平成進化論 5036号

【時々刻々の記を、衆人環視に乗せる】ダメな性格はない、ダメな習慣があるだけだ

 株式会社ことば未来研究所 代表取締役所長
 有限会社セカンドステージ 代表 鮒谷周史(ふなたにしゅうじ)
 http://www.2nd-stage.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━を読んでの感想


『自らを躾る』とは、出来ていない事を認め、出来ている状態についての定義を述べる事で、衆人環視の力を借り自分を出来ている状態に持っていこうとする事である。

日々、行動・思考・感情の動きなどについて記録を残し、自らを躾けようとする事で、出来ない自分というのは性格の問題では無く習慣の問題であるという事がわかるだろう。

そのため自分を変革させるためには、日々記録を残し、自分を躾る訓練を続けるのが良いのでは無いだろうか。



本日のランニング  910日目  11.29km