平成29年6月16日 平成進化論 5025号

2017.6.17

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成29年6月16日 平成進化論 5025号

■【二匹目のドジョウ】掘り当てた金鉱脈は最後まで掘り抜くべし

 株式会社ことば未来研究所 代表取締役所長
 有限会社セカンドステージ 代表 鮒谷周史(ふなたにしゅうじ)
 http://www.2nd-stage.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

を読んでの感想


世間一般的に「二匹目のドジョウ」というと、他人の物真似の様なイメージがあり、良い意味で使われる事は無いが、ビジネスにおいては「二匹目のドジョウ」を狙って取り組む事により最少の労力で最大の成果をあげることが出来るだろう。


ビジネスにおいて都度新しい企画を立ち上げ成功させるのは、油田、源泉を掘り当てる様なものであり、難易度が高い。一度成功したフレームがあるのであれば、そのやり方を上手く改善し二度目、三度目を狙う方が効果効率ともに高いのは言うまでも無いだろう。


徹底的に掘り進めて、これ以上進めなくなったのなら横展開し、次なる果実を

狙う。

これがビジネスにおける鉄則ではないだろうか。


本日のランニング  899日目  11.32km