平成29年5月15日 平成進化論 4993号

2017.5.16

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成29年5月15日 平成進化論 4993号

■人生において「重戦車並みの駆動力」が欲しいのであるならば

 株式会社ことば未来研究所 代表取締役所長
 有限会社セカンドステージ 代表 鮒谷周史(ふなたにしゅうじ)
 http://www.2nd-stage.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

を読んでの感想


生きていれば不快なことや、腹立たしいこと、嬉しくないことなどが起こった時は、「ありがたい」や「なんでも勉強」という言葉を用いて起こった事実の捉え方を変えてしまえば良い。

どちらの言葉も最初はそう思えなくとも、言っているうちに「ありがたいなぁ」「なんでも勉強だなぁ」と思えるようになる。

つまり言葉によって起こった事実は変えられなくても受け取りかたを変える事ができる。

このように言葉を上手く使えるようになると、負のエネルギーを正転換し前に進むためのエネルギーにすることができる。

そのため我々が重戦車並みの駆動力を手に入れるために、もっともっと言葉を仕入れ自在に操れるようになる必要があるのだ。



本日のランニング 867日目  1.15km