2017.4.8

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成29年4月7日 平成進化論 4955号

■定義もしていないことが、成り行きで実現することは決してない

 株式会社ことば未来研究所 代表取締役所長
 有限会社セカンドステージ 代表 鮒谷周史(ふなたにしゅうじ)
 http://www.2nd-stage.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

を読んでの感想。

 

ビジネスを立ち上げるにあたり、

どのようなビジネスを行うかの定義もせずに

理想とするビジネスが出来上がることはない。

「はじめに言葉ありき」であり、

まずは何をするか言語化し、

それから創造・破壊を何度も繰り返すことで

やっと理想とするものに近づけるだろう。

言葉により定義するからこそ、

目指すことも精緻化することもできる。

 

そのため自分が行なっているビジネスについても

言語化、つまり日々の記録を残すなどして

高みを目指す、理想とするビジネスに近づけるための

努力をするのが、お客様に対する真摯な姿勢ではないだろうか。

 

 

本日のランニング  829日目 10.12km