読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017.4.4

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成29年4月3日 平成進化論 4951号

■とんでもない成果を出し続ける営業が必ず行っている2つのこと

 株式会社ことば未来研究所 代表取締役所長
 有限会社セカンドステージ 代表 鮒谷周史(ふなたにしゅうじ)
 http://www.2nd-stage.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


を読んでの感想。


営業や販売に携わっていて「売れない」と悩んでいる人の


理由の殆どは『一貫性の欠如』にあるのでは無いか。


※一貫性の欠如とは、売ろうとしているモノの価値を


正しく理解していない、もしくは売るべきでは無いと


思いながら売っている、といった姿勢。


そのため


「自分の扱っている商品を通してお客さまが喜んで下さる


価値を提供できる」との確信が持てれば、そこから

「一貫性を持ち、堂々と商品の案内をすることができるようになる」


のでは無いだろうか。



本日のランニング  825日目   4.16km