2017.2.23

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成29年2月22日 平成進化論 4911号

■鮒谷の体験談。自らを意図的に「依存症」にハメ込んでみたら、こうなった

 株式会社ことば未来研究所 代表取締役所長
 有限会社セカンドステージ 代表 鮒谷周史(ふなたにしゅうじ)
 http://www.2nd-stage.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


を読んでの感想。


急がば回れ」「急いては事を仕損じる」という諺があるように、

何が事を為そうと思ったら、正しいやり方や知識を大量にインプットし、

する必要がある。


そのインプットを元に正しい意思決定基準を作り上げてから

粛々とアウトプットをする事が、最短距離で成功するための秘訣だろう。


(但しこの場合、インプットされたモノは知っている、

聞いた事があるレベルではダメで、いつでも実行できる

血肉化された状態でなければいけない)


そうして、大量のインプット→知識の定着→

質の高いアウトプット→成果創出


というサイクルが出来上がると、学び、実行する事の

中毒性が高まり、やらずにはいられない状態になってしまうだろう。






本日のランニング  785日目  6.00km