2017.1.15

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成29年1月14日 平成進化論 4872号

■「自分独自の芸術作品を作る」つもりで仕事に取り組んでみてはどうか

 株式会社ことば未来研究所 代表取締役所長
 有限会社セカンドステージ 代表 鮒谷周史(ふなたにしゅうじ)
 http://www.2nd-stage.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

を読んでの感想。


本文中に(以下本文より抜粋)


 哲学を確立していない、音楽家とか芸術家とか小説家とか、
 ちょっと考えられませんよね。

 それと同じで、仕事人も、自分なりの哲学、思想を
 確立し、明確に言葉にすることができるようになって

 「ようやく一人前」

 そんな風に考えています。

(抜粋ここまで)


という記載があります。

鮒谷さんの文章を読むたびに得られる気付きは沢山ありますが、ここは衝撃的だった。

自分が芸術家でなくとも、仕事に対する哲学を持つなんて当たり前にしていないといけないな、と改めて気づいた。

そうやって自分なりの哲学を持つからこそ、日々の行動基準が決まり、成長しようとするのだ。

今までに鮒谷さんが何度も同様の事を言っていたはずだが、何故か今日はここの箇所がすごく刺さった。


本日のランニング  1.21km