読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017.1.13

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成29年1月12日 平成進化論 4870号

■「オラオラ系」の連中に、何度も痛い目に遭わされてきたあなたに

 株式会社ことば未来研究所 代表取締役所長
 有限会社セカンドステージ 代表 鮒谷周史(ふなたにしゅうじ)
 http://www.2nd-stage.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


を読んでの感想。


声がデカく、傲慢で、相手の都合を考えず、自分さえ良ければ良いオラオラ系の方達は、オラオラ系では無い人達に対して強く出る事で自分のポジションを、存在価値を作っている。


彼らはその傲慢さ、傍若無人さを武器に利を得ているように見えるが、その行動には消費者視点が全く考慮されていないため、一時的な利を得ることしかできない。


その一方で非オラオラ系の人達は、一時的にはオラオラ系の方達のお陰でガミを食っているように思えるが、人の良さ、人間性の高さを武器に相手の事を想いやった行動が出来るので、長く重宝してもらえるのだ。



本日のランニング 744日目  2.10km