読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017.1.11

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成29年1月10日 平成進化論 4868号

■鮒谷が「セミナー」ではなく「放談会」を行っている理由

 株式会社ことば未来研究所 代表取締役所長
 有限会社セカンドステージ 代表 鮒谷周史(ふなたにしゅうじ)
 http://www.2nd-stage.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

を読んでの感想。


舗装されたアスファルトの上で、定期的に休憩所や給水所がある快適なマラソンよりも(どんなに良い準備をされていてもマラソンは大変だけど)、

凸凹の獣道で、休憩所なんて無く、給水もままならないような状態でのマラソンの方が、

完走するハードル、難易度は間違いなく高いものの、完走した時の喜び、達成感は比べようがないだろう(間違い無く後者の方が喜びや達成感が強いだろう)


他人が挑まない様な、一見無謀とも思える様な取り組みをし続けているからこそ、そこに絶対的な自信がうまれ、顧客に価値を提供する事が出来る様になるのだろう。



本日のランニング 742日目 2.14km