0007 プロフェッショナル287 カクテルは、人生の味

http://www.nhk.or.jp/professional/2016/0215/index.html


苦手なものを補うために他の特技を磨いていったら、苦手なものをいつの間にか克服できたり、その現実を受け入れて上手く振る舞えるようになる。ただ、そこに到達するまでには、自分の仕事を愚直に一生懸命、完璧以上を目指してやり続けなければならない。

自分にとってはたくさんあるなかの1人のお客様でも、そのお客様にとってはたった一度きりの体験かもしれない。

もっともっと自分の仕事の質を高めて、自分の、自社の価値を高めないと。