2017.3.14

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成29年3月13日 平成進化論 4930号

■言葉は貧者(=弱者)の核兵器である

 株式会社ことば未来研究所 代表取締役所長
 有限会社セカンドステージ 代表 鮒谷周史(ふなたにしゅうじ)
 http://www.2nd-stage.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


を読んでの感想。


生まれながらにして、何をやっても思い通りにいく、

狙った成果を上げることができる能力を持った人がいる。


反対に、なかなか思うように事を進められない人もいる。


思うように事を進められない人は言葉の力を借りる、

言葉を自在に操る能力を身につける事で、

得たい成果を得ることができるようになるのだ。


そんな言葉の力を身につけるためにも、

日々日記を書くという行為が大事なのだ。



本日のランニング  804日目 10.10km

2017.3.13

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成29年3月12日 平成進化論 4929号

■鮒谷に「修羅の巷を戦い抜こう」と決意させた一節

 株式会社ことば未来研究所 代表取締役所長
 有限会社セカンドステージ 代表 鮒谷周史(ふなたにしゅうじ)
 http://www.2nd-stage.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


を読んでの感想。


人間は「言葉の力で生き返る」ということがある。


その時々の状況によって響く言葉は違うものの、


今の自分に響く言葉というものが存在する。


必ずしも一位が勝つとは限らないのだから、


その時に向かって少しずつ準備をしておけば、


いつか花開く可能性があるかもしれない。


本日のランニング  803日目 8.07km

2017.3.12

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成29年3月11日 平成進化論 4928号

■「友がみな我よりえらく見える日」の危機を残り越えるために

 株式会社ことば未来研究所 代表取締役所長
 有限会社セカンドステージ 代表 鮒谷周史(ふなたにしゅうじ)
 http://www.2nd-stage.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


を読んでの感想。


上手くいかず、落ち込むことも時にはある。


そんな時に過去の日記を見返すことで、自分の良い点を


一つでも二つでも見つける事が出来る事がある。


そのように、落ち込んだ時に自尊心を回復させるという効果も


日記を書くことによって得られる副次的な効果の一つでもである。




本日のランニング802日目  1.20km

2017.3.11

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成29年3月10日 平成進化論 4927号

■一瞬間を切り取り、永遠に命を与えるものよ、汝の名は、、、

 株式会社ことば未来研究所 代表取締役所長
 有限会社セカンドステージ 代表 鮒谷周史(ふなたにしゅうじ)
 http://www.2nd-stage.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


を読んでの感想。


一流、超一流と呼ばれるひとの仕事に触れる度に、

自己の至らなさ、仕事の甘さを知り、激しく反省するとともに、

新たな世界へ向かうためのエンジンとなり、様々なことに

ビットが立つようになる。

そのため、定期的に絵画鑑賞などを通して超一流の作品に触れ、

自分のレベルを上げようという心の火を灯さなくてはいけない。


その火を長く持続させ、質の良い炎とするためには、

自身の気づきや取り組み等を記録に残し効果検証をする必要がある。

そのためにも定期的に日記を書くという習慣は役に立つのである。



本日のランニング  801日目 1.09km

2017.3.10

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成29年3月9日 平成進化論 4926号

■自らの「花咲かじいさん」化を妨げる「4+1の関門」とは

 株式会社ことば未来研究所 代表取締役所長
 有限会社セカンドステージ 代表 鮒谷周史(ふなたにしゅうじ)
 http://www.2nd-stage.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


を読んでの感想。


自らを花咲か爺さん化するためには、以下のようなハードルがある。


 0、世の中に価値を提供してこそ、提供されると
   理解する

 1、渡すべき価値がない(という誤解)を解く

 2、先送り、あるいは面倒くささから脱却する

 3、価値提供システムの整備を行う


 4、誤解や非難への恐怖を乗り越える

0〜3までのハードルを越えることが出来たら、

あとは四の五の言わずに

批判や誤解を恐れずにやるしかない。




本日のランニング  800日目  1.12km

2017.3.9

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成29年3月8日 平成進化論 4925号

■「躾(しつ)ける」の解釈を替えることで、最高レベルの自分を引き出せる

 株式会社ことば未来研究所 代表取締役所長
 有限会社セカンドステージ 代表 鮒谷周史(ふなたにしゅうじ)
 http://www.2nd-stage.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


を読んでの感想。


生きて行く上で取り組むべき事の一つに、


「逓増する人生をおくるために何をすべきか」


というテーマがある。


子供の躾が一度では完成しないのと同様に、


自分自身も、何度も繰り返し躾をしなければ


思考、行動、感情が入れ替わりバージョンアップすることは無い。


何度も躾を行うためには日々自己を振り返る必要があり、


日記を書くという手段が有効なのである。



本日のランニング 799日目  15.0km

2017.3.8

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成29年3月7日 平成進化論 4924号

■鮒谷が「ビジネス百科全書」を編もうと思ったわけ

 株式会社ことば未来研究所 代表取締役所長
 有限会社セカンドステージ 代表 鮒谷周史(ふなたにしゅうじ)
 http://www.2nd-stage.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


を読んでの感想。


日記を書くことによって、自己の意思決定基準を日々更新することは

右肩上がりの人生を送ることに繋がる。


「愚者は経験から学び、賢者は歴史から学ぶ」


という諺があるように、私達が自己の意思決定基準の質を高めるためには


過去の出来事をインプットし(守)

そこから得られた学びを続け(破)

自分なりの行動哲学が生まれる(離)


というプロセスを送ることが王道では無いだろうか。




本日のランニング  798日目  2.05km