平成30年5月19日 平成進化論 5362号

2018.5.20━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成30年5月19日 平成進化論 5362号

■「30分での課題特定」と「3000分の試行錯誤」どちらを優先すべきだろう

 株式会社ことば未来研究所 代表取締役所長
 有限会社セカンドステージ 代表 鮒谷周史(ふなたにしゅうじ)
 http://www.2nd-stage.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
を読んでの感想

 

物事に対する改善や工夫は意識しなければ生まれることはない。

そのため、まずは何事に対しても問題意識を持てるようになる事が大事だろう。

つまり、どんな課題に対しても【意識に上げることが9割で改善・工夫するのは1割】だろう。

例え30分であっても課題を意識に上げることが出来れば、それ以降の人生で10倍、100倍の時間をかけて課題を見つけようとするよりも費用対効果が高いと言えるだろう。

 

本日のランニング 1236日目

平成30年5月18日 平成進化論 5361号

2018.5.19

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成30年5月18日 平成進化論 5361号

■雑な質問には、雑な回答しか返ってこないもの(当たり前)

 株式会社ことば未来研究所 代表取締役所長
 有限会社セカンドステージ 代表 鮒谷周史(ふなたにしゅうじ)
 http://www.2nd-stage.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
を読んでの感想
 
質問力の巧拙はコミュニケーション能力の良し悪しによって変わってくるだろう。
質問する側のコミュニケーション能力が高ければ、質問する前に質問される側の立場に立って【相手が気持ち良く、かつ的確で、価値ある解答をしたくなるか】ということを考えるだろうから、発せられる質問の質が高くなり、得られる解答の質も高くなるだろう。
とはいえ、多くの人にとってこの事は指摘されなければ気づかないことなのだから、意識的に質問力=コミュニケーション力を高めようと思って、適切な努力を行なえば高められないことは無いだろう。
 
本日のランニング 1235日目
5.10km

平成30年5月17日 平成進化論 5360号

2018.5.18

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成30年5月17日 平成進化論 5360号

■(新音源リリース!)学びの質は、質問する力に規定される

 株式会社ことば未来研究所 代表取締役所長
 有限会社セカンドステージ 代表 鮒谷周史(ふなたにしゅうじ)
 http://www.2nd-stage.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
を読んでの感想
 
仕事で成果を出すためには【時間当たりの学習効率を最大化させる】=【学びの質を高める】ことが重要であり、その学びの質は質問力の巧拙に大きく影響を受ける。
なぜなら、同じ学習をしても質問の巧拙により【10学べる人と1しか学べない人】という差がでてしまうものだから。
的確な質問を行なうことができれば、その分だけ実力ある人の知見を多く学び取ることができ、その結果として自分の能力もどんどん高まっていき、成果が出せるようになるだろう。
学びのあとには実行するというフェーズが来るが、そもそもかちある学びを得られなれば、どれだけ実行力を鍛えたところで意味が無いのだ。
そのため、学びの質を高めるということは成果を出すための基本となるといえるのである。
 
本日のランニング 1234日目 2,08km

平成30年5月16日 平成進化論 5359号

2018.5.17

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成30年5月16日 平成進化論 5359号

■「仕事の速度」よりも「着手の早さ」のほうがはるかに大事

 株式会社ことば未来研究所 代表取締役所長
 有限会社セカンドステージ 代表 鮒谷周史(ふなたにしゅうじ)
 http://www.2nd-stage.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
を読んでの感想
 
大掃除は取り掛かってしまえば夢中になるように、仕事も取り掛かってしまえば【やる気中枢】が刺激され、どんどん前に進めていけるようなるのは多くの人が経験済みではないだろうか。
で、あるならば仕事を速く進める方法よりも【早く着手する習慣】を身につけることの方が大事ではないだろうか。
順番としては【早く着手する習慣】を身につけることで、気づき→決断→実行までのタイムラグを極力ゼロにし、そのうえで【仕事を速く進める方法】を身につけるのがセオリーだろう。
どんなに仕事が速くても、着手するまでの時間があまりにも遅くては仕事の速さを生かす機会が訪れることは無く、その能力は無意味になってしまう。
上述のように仕事の速い、遅いというのは【どれだけ早く仕事に着手できるか】にかかってくるのだから、【やるべき仕事はすぐに取り掛かる】という習慣を身につけるために自らに躾を施すことが重要だろう。
 
本日のランニング 1233日目 2.07km

平成30年5月15日 平成進化論 5358号

2018.5.16

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成30年5月15日 平成進化論 5358号

■自分仕様の精神安定化装置を持つ

 株式会社ことば未来研究所 代表取締役所長
 有限会社セカンドステージ 代表 鮒谷周史(ふなたにしゅうじ)
 http://www.2nd-stage.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

を読んでの感想

生きていれば一定以上のダメージを受けたり、焦ったり行き詰まったりする事もあるだろう。
そうした時には自分なりの対処方法を持っていると良いだろう。
例えば視点(思考)を変える事や過剰に休息を取る事。
そうすることによって不思議と症状は改善され、前に進もうという気持ちが出てくるもの。
非常時に備えるのは平時に行っておくのが良いのではないだろうか。


本日のランニング  1233日目 1.05km

平成30年5月14日 平成進化論 5357号

2018.5.15

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成30年5月14日 平成進化論 5357号

■鮒谷が人を判断するときに注目している点

 株式会社ことば未来研究所 代表取締役所長
 有限会社セカンドステージ 代表 鮒谷周史(ふなたにしゅうじ)
 http://www.2nd-stage.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

を読んでの感想

【自分の人生をラクにするために、自分自身への教育を行ってきたか】という点が人を判断するときの一つのポイントではないだろうか。
人生やビジネスは正しい意思決定基準を多くインストールする事で、早く、ラクに、的確な成果が出せるはずである。その一つとして【自分自身への教育はお金で時間を買うことに等しい】といえるだろう。
企業を目指すにあたっては、自分の努力も必要だがそれだけでは早くラクに成功するのは難しく、数多の先人たちの成功や失敗を学ぶ事で最少リスク最大リターンとなる方法や道筋が見えてくる。そうした取り組みもせず、闇雲に努力している(もしくは言うだけで何もしていない)人は永遠に目をかけられる事も芽が出る事も無いだろう。
それ故に【自分自身で質の高いルールを躾けようとしているか】というのは人を判断するときの大きなポイントだといえるのである。


本日のランニング 1232日目 1.05km

平成30年5月13日 平成進化論 5356号

2018.5.14

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成30年5月13日 平成進化論 5356号

■人生、ビジネスに効く最高の習慣、それは●●習慣

 株式会社ことば未来研究所 代表取締役所長
 有限会社セカンドステージ 代表 鮒谷周史(ふなたにしゅうじ)
 http://www.2nd-stage.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

を読んでの感想

世の中に沢山ある良い習慣の中でも最も効果があるのは「日記を書く習慣」だろう。
何故なら日記を書く事で自分の中に質の高い意思決定基準が生まれていくことで、日に日に判断を誤ることがなくなっていくだろう。
また、その意思決定基準に基づいた取り組みを続けようとする事で、良い習慣を自分に躾けることが出来て、迷いが少なくなり、決断が早くなり、次第にその精度も上がっていくだろう。
このように正しいやり方で行うことで、とてつもない効果が生まれてくるため、騙されたと思って取り組んでみるのが良いだろう。

本日のランニング 1229日目